冤罪弁護

冤罪事件に強い刑事事件専門の法律事務所

弁護士が皆,冤罪事件(否認事件)に強いかと言ったら,そうではありません。

世の中には刑事事件専門を謳う法律事務所がいくつかありますが,そのすべてが冤罪事件に強いかと言ったら,そうではありません。

刑事事件専門を謳う法律事務所の中には,冤罪事件をあまり扱わない事務所もあります。

また,一般の弁護士であればなおさら冤罪事件を扱った経験がないこともよくあります。

冤罪事件を扱うには,的確な事件の見立て適切な取調べ対応についてのアドバイス卓越した法廷技術,そして経験実績が必要です。

そのような条件がそろっている法律事務所は多くありません。

しかし,当事務所は日弁連刑事弁護センター法廷弁護技術小委員会所属で,弁護士を相手に刑事事件の研修の講師を務めている代表弁護士をはじめ,冤罪弁護をするこれらの前提条件が揃っている弁護士だけが所属しています。

冤罪事件に巻き込まれてしまったら,弁護士法人ルミナスにご依頼ください。

 

これまで,冤罪事件で不起訴となり,裁判になることなく事件が終了したケースは数十件あります。

そして,弁護士法人ルミナス所属の弁護士が獲得した無罪判決は,3件です。

 

 

不起訴となり,裁判にならずに事件が終了したケース

有罪率99.9%と言われている中で依頼者に最も有利な処分は,捜査段階で不起訴となり,裁判にならずに事件が終了することです。

不起訴,つまり「嫌疑なし」や「嫌疑不十分」といった理由により,裁判にしないという処分を検察官がするということです。

冤罪事件・否認事件のご依頼を受けたら,とにかく不起訴を目指すことになります。

裁判になることなく,早期に事件が終了するため,依頼者にとって最も有利な処分であると言えるからです。

冤罪事件・否認事件において依頼者が不起訴になることが,刑事弁護人として最も優れた成果であるとさえいえるでしょう。

これまで,弁護士法人ルミナス所属の弁護士が獲得した冤罪事件・否認事件で不起訴になったケースは,以下のようなものがあります。

  •  ・殺人
  •  ・殺人未遂
  •  ・強盗致傷
  •  ・強姦致傷
  •  ・強制わいせつ
  •  ・過失運転致死
  •  ・窃盗
  •  ・詐欺
  •  ・傷害
  •  ・覚せい剤取締法違反(所持)
  •   …etc

 

無罪判決獲得実績

平成25年10月 さいたま地方裁判所越谷支部において強制わいせつ被告事件につき無罪判決を獲得

女性二人に対する強制わいせつ事件で起訴されてしまいましたが,その女性二人の証言には決定的な矛盾点がありました。的確な反対尋問の結果,女性二人の証言の矛盾点をあぶりだし,最終弁論において女性二人の証言が相互に矛盾しており信用できない旨を論証したところ,弁護側の主張が全面的に受け容れられた形での無罪判決を獲得しました。

 

平成26年 1月 東京地方裁判所において窃盗被告事件につき無罪判決を獲得

検察側証人がご依頼者が窃盗を行ったことを証明する唯一の証拠でしたが,徹底した証拠開示や弁護人の調査により,当該証言は虚偽のものであることが明らかになりましたので,反対尋問や弁護側立証でその点を明らかにして最終弁論において検察側証人の証言が虚偽であることを論証したところ,弁護側の主張が全面的に受け容れられた形での無罪判決を獲得しました。

 

平成29年 3月 東京地方裁判所において強制わいせつ被告事件につき無罪判決を獲得

電車内の痴漢冤罪事件でした。一貫したケースセオリーに従い,反対尋問では被害者とされている方が犯人を取り違えてしまった可能性を浮き彫りにし,ご依頼者の主尋問では,ビジュアルエイド(視覚資料)を利用するなどして,ご依頼者が犯人ではありえないことを明らかにしました。事件があったとされる時間帯に同じ系統の電車に乗るなどして,現場検証も徹底して行いました。そして,それらの活動を前提に最終弁論において,ご依頼者が犯人ではなく,第三者の犯行可能性があることを論証したところ,弁護側の主張が全面的に受け容れられた形での無罪判決を獲得しました。

 

 

無罪判決を獲得できるのには理由がある

ごく稀に,裁判官が無罪を見抜いてくれるということはあります。

しかし,そういったケースはほとんど期待できません。

裁判官に無罪判決を書いてもらうには,的確な事件の見立て適切な取調べ対応についてのアドバイス卓越した法廷技術,そして経験実績が必要です。

否認事件の弁護活動というページに,無罪判決を獲得するための技術のうちの一端が記載されています。

これらの理解を前提に,当事務所はこれから冤罪事件,否認事件に全力で取り組み,依頼者の皆様に最良の結果をもたらすよう最大限努力いたします。