オレオレ詐欺(振り込め詐欺)

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)

定義

オレオレ詐欺や振り込め詐欺は、特殊詐欺と呼ばれています。

特殊詐欺とは、被害者に電話をかけるなどして被害者を騙し、指定した預貯金口座へ振込みをさせるなどの方法により、不特定多数の者から現金等をだまし取る犯罪であるとされています。

その特殊詐欺の中に、オレオレ詐欺や振り込め詐欺、架空請求詐欺、還付金詐欺、融資保証金詐欺があると言われています。

 

法定刑

「10年以下の懲役」(刑法第246条)

 

 

よくあるご相談の例

  • 息子がオレオレ詐欺で逮捕されたと警察から電話がかかってきた。
  • オレオレ詐欺だとは知らなくて,受け子の役割を知らぬ間にさせられていた…

 

 

詐欺罪の弁護活動

事実関係を認める場合

オレオレ詐欺(振り込め詐欺)に対する現状は,非常に厳しいものがありますが、初犯であれば役割によっては執行猶予付きの判決も目指すことができます。

 

一番末端の受け子である場合,初犯で詐欺未遂罪(現金を受け取る前に逮捕された場合)でとどまっている場合には執行猶予付きの判決を見込むことができます。また、初犯であっても詐欺罪(現金を受け取り持って行ってしまった場合)が成立している場合には、示談をすれば執行猶予付きの判決を見込むことができるでしょう。

 

 

事実関係を争う場合

オレオレ詐欺の受け子の事案で,「受け取るものが現金だとは知らなかった」という主張をすることがよくあります。

 

検察官は(あるいは,裁判官でさえも),受け取るものが現金だとは知らなかったという主張は,「組織から捕まった時にはそう言えと言われているんだろう」と考え,最初から嘘だと決めつけるきらいがあります。

 

しかし,現実に,受け子に現金を持ち逃げされることを防止するために,現金だとは告げないケースが存在することも事実です。

 

実際に,「受け取るものが現金だとは知らなかった」という主張を排斥できないとして,無罪になったケースもあります

 

ですから,あきらめる必要はありません。

 

もし本当に受け取るものが現金だとは知らなかったのであれば,嘘の自白をする必要はありません。

 

すぐに当事務所へご相談ください。一緒に闘いましょう。

 

当事務所における否認事件の弁護活動については、否認事件の弁護活動をご覧ください。

 

 

 

解決実績(一例)

詐欺罪(オレオレ詐欺)で執行猶予判決を獲得した事案

詐欺未遂罪(オレオレ詐欺)で執行猶予判決を獲得した事案

詐欺未遂罪(オレオレ詐欺)で求刑の約55%の量刑及び執行猶予判決を獲得した事案