公然わいせつ

公然わいせつ罪とは

公然わいせつ罪とは

 公然わいせつ罪とは

 

公然と=不特定又は多数の人が認識することのできる状態で

わいせつな行為をした場合

に成立します(刑法第174条)。

 

たとえば、駅や公園、路上等、不特定多数の人が自由に出入りすることのできる公共の場において、性器を露出したり、自慰行為をする等のわいせつな行為をした場合には、公然わいせつ罪の成否が問題となります。

 

公然わいせつ罪が成立するためには、わいせつな行為を、不特定多数の人に、実際に認識される必要はありません。

日中子どもたちが遊んでいる公園で性器を露出した場合であっても、深夜誰もいない公園で性器を露出した場合であっても、いずれも公然わいせつ罪が成立し得ます。

 

 

罰則

6月以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料

 

 

その他の性犯罪との関係

   公共の場所(駅・公園等)で、性器以外の身体の一部(尻・もも等)を露出する行為は、

   その態様によっては、軽犯罪法違反となる可能性があります(軽犯罪法第1条20号)。

 

 

よくあるご相談の例

・日中路上において、通行人の目の前で、性器を露出してしまった。

・深夜の公園で、自慰行為をしてしまった。

 

 

公然わいせつ罪の弁護活動

事実関係を認める場合(自白事件)

公然わいせつ罪においては、「わいせつ行為の目撃者=実質的な被害者」となります。

そのため、目撃者が存在する場合には、目撃者に対して謝罪及び被害弁償を行い、示談をすることによって、不起訴となる可能性が高まります。

 

なお、公然わいせつ行為という事案の性質上、目撃者が複数存在するケースもあります。そのような場合には、わいせつ行為を最も近くで目撃した人や110番通報をした人、事情聴取に協力した人など、実質的な被害者として捜査機関が特に重視している目撃者を確認したうえで、当該目撃者との間で示談を成立することが重要となります。

 

「露出行為を繰り返してしまい、やめられない」-そんな悩みを抱えている方もいらっしゃいます。そのような場合には、専門の医療機関による治療を受けて、行為の原因及びその対策について具体的に検討・実行して抜本的な問題改善を図り、その結果を捜査機関に報告することが重要です。当事務所では、ご相談に応じて、専門の医療機関とも連携しながら、ご本人様の更生支援を行っております。

 

 

事実関係を争う場合(無罪を主張する場合)

否認事件の弁護活動 をご参照ください。