弁護士ドットコムニュースの取材に答えました。

お知らせ

2017.06.09

弁護士ドットコムニュースの「山手線の新型車両に「防犯カメラ」設置へ…痴漢トラブル対策の決め手になる?」という記事の中で,電車内の防犯カメラの有効性と運用上についての課題について解説をいたしました。

 

痴漢冤罪事件を担当していると,電車内の映像というのは喉から手が出るほどほしい証拠です。

一方で,犯罪とは何の関係もない方々も映ってしまうので,撮影の方法や映像データの保存期間が課題になりそうです。

 

弁護士 中原潤一