• ホーム
  • 主な解決事件
  • 【裁判段階:解決事例1】窃盗前科のある方の窃盗罪・傷害罪で,再び執行猶予付判決を獲得。

【裁判段階:解決事例1】窃盗前科のある方の窃盗罪・傷害罪で,再び執行猶予付判決を獲得。

事案の概要

 数千円分の食品を万引きし,逃げる際に警備員に怪我をさせたとされる事件で,勾留されてからすぐにご依頼をいただきました(逮捕・勾留されたときの罪名は,強盗致傷罪でした)。ご依頼者と接見し,事情聴取をしてすぐに準抗告を申し立てましたが棄却,勾留延長に対する準抗告も棄却され,勾留満期日に公判請求(窃盗・傷害罪で起訴)となりました。すぐに保釈請求をし,保釈されました。数年前に同じような窃盗事件で執行猶予判決を受けていた方だったので(ただし,猶予期間は切れていました),実刑も十分ありうるところでしたが,丁寧に情状立証をした結果,再び執行猶予付きの判決となりました。

 

 

弁護士費用

項目

捜査段階の着手金

  30万円+税

 

  ※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認める事件は,着手金30万円です。

 

捜査段階の報酬金

  0万円

 

  ※公判請求をされているので,報酬金は発生しません。

 

公判段階の着手金

  20万円+税

 

  ※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認める事件は,着手金30万円ですが,

   捜査段階からご依頼をいただいているので,10万円減額となります。

 

保釈の報酬金

  10万円+税

 

  ※保釈を獲得していますので,報酬金10万円を頂戴します。

  ※何度保釈を請求しても,報酬が発生するのは保釈が認められた場合のみです。

 

公判段階の報酬金

  30万円+税

 

  ※執行猶予付きの判決ですので,報酬金30万円を頂戴します。

 

弁護士費用の合計

  90万円+税

 

 

窃盗罪・傷害罪ってどんな犯罪?

 窃盗罪(万引き)の解説ページへ

 傷害罪の解説ページへ