【捜査段階:解決実績2】強盗致傷罪の否認事件で不起訴を獲得。

事案の概要

 ご依頼者が共犯者と一緒に強盗をしたとされる強盗致傷罪の事件で,勾留されてからすぐにご依頼をいただきました。ご依頼者と接見し,ご依頼者は関与していないと仰っていたので,事情聴取をしてすぐに準抗告を申し立てましたが棄却,勾留延長に対する準抗告も棄却されました。その間,現地調査などをして,ご依頼者が強盗に関与しているとすれば不自然であるような状況を明らかにし,検察官に意見書を提出。勾留満期に不起訴処分となりました。

 

 

弁護士費用

項目

着手金

  40万円+税

 

  ※逮捕・勾留されている場合の事実関係を争う事件は,着手金40万円です。

 

報酬金

  40万円+税

 

  ※不起訴となっておりますので,報酬として40万円を頂戴します。

  ※現地調査,意見書の作成や面談の回数等で報酬が変わることはありません。

 

弁護士費用の合計

  80万円+税

 

 

強盗致傷罪ってどんな犯罪?

 強盗致傷罪の解説ページへ