【捜査段階:解決実績2】脅迫罪で勾留請求をさせなかった事案

事案の概要

 ご依頼者が知人女性を脅迫したとされる脅迫罪の事件で,逮捕されてからすぐにご依頼をいただきました。ご依頼者と接見し,事実は認められていましたが,知人同士の喧嘩のような事案で逮捕それ自体も不当ではないかと思われるような事件でした。ご本人から事情聴取をしてすぐに配偶者から身元引受をもらい,翌日朝一番で検察官と面談。検察官に意見書を提出し,勾留の必要性など存在しないことを説明した結果,勾留請求はされずにそのまま釈放されました。

 

 

弁護士費用

項目

着手金

  30万円+税

 

  ※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認める事件は,着手金30万円です。

 

報酬金

  30万円+税

 

  ※釈放・不起訴となっておりますので,報酬として30万円を頂戴します。

  ※意見書の作成や面談の回数等で報酬が変わることはありません。

 

弁護士費用の合計

  60万円+税

 

 

脅迫罪ってどんな犯罪?

 脅迫罪の解説ページへ