• ホーム
  • 主な解決事件
  • 【捜査段階:解決実績3】児童福祉法違反で,勾留請求させず釈放となった事案。

【捜査段階:解決実績3】児童福祉法違反で,勾留請求させず釈放となった事案。

事案の概要

 中学生に淫行をさせてしまったとされる事件で,逮捕されてからすぐにご依頼をいただきました。ご依頼者と接見し,事情聴取をして意見書等を作成。翌朝検察官に面談を申入れ,勾留請求をしないように説得。検察官は勾留請求をせず,その後不起訴となりました。

 

 

弁護士費用

項目

着手金

  30万円+税

 

  ※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認める事件は,着手金30万円です。

 

報酬金

  30万円+税

 

  ※釈放され不起訴となっておりますので,報酬金は30万円です。

 

弁護士費用の合計

  60万円+税

 

 

児童福祉法違反ってどんな犯罪?

 児童福祉法違反の解説ページへ