【捜査段階:解決実績4】窃盗罪の否認事件で、不起訴処分となった事案。

事案の概要

 お金を盗んだとされる窃盗罪で,勾留されてからすぐにご依頼をいただきました。ご本人のお話では,そのお金は盗んだものではなくご自身のものだということでした。そこで,現場を調査等したり取り調べに対する供述態度を選択し,そのとおり実施していただいた結果,嫌疑不十分で不起訴となりました。

 

 

弁護士費用

項目

着手金

  40万円+税

 

  ※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認めない事件は,着手金40万円です。

 

報酬金

  40万円+税

 

  ※不起訴となり釈放されましたので,報酬金は40万円です。

 

弁護士費用の合計

  80万円+税

 

 

窃盗罪ってどんな犯罪?

 窃盗罪の解説ページへ