器物損壊は不起訴処分,傷害は立件されなかった事案

タクシーの一部を壊し,運転手の方に怪我をさせてしまったという事案。器物損壊で逮捕され,釈放後にご依頼をいただきました。

器物損壊+傷害双方について謝罪をし,誠意をもって交渉を行った結果,最終的には謝罪を受け入れていただくことができ,いずれについても示談が成立しました。その結果,器物損壊については不起訴処分となり,傷害については立件されずに終了しました。

 

 

弁護士費用

項目

着手金

  20万円+税

 

※逮捕・勾留されていない場合の事実関係を認める事件は,着手金20万円です。

 

報酬金

  20万円+税

 

※示談が成立し刑事事件化を阻止しましたので,報酬金は20万円となります。

 

弁護士費用の合計

  40万円+税

 

 

器物損壊、傷害ってどんな犯罪?

 器物損壊の解説ページへ

 傷害の解説ページへ



刑事事件・少年事件の法律事務所
弁護士法人 ルミナス