殺人未遂罪の否認事件で不起訴処分となった事案

殺人未遂

2016.04.20

殺人未遂罪で,勾留されてからすぐにご依頼をいただきました。殺人未遂罪は起訴されれば裁判員裁判対象事件ですが,ご本人様は殺意がないことや正当防衛状況にあったことを訴え,殺人未遂罪の成立を争っていました。そこで,取調べに対する適切なアドバイスをしたうえ,ご本人様の主張を裏付けるような証拠の収集にあたりました。その結果、ご本人様は不起訴処分となりました。

 

 

弁護士費用

項目

着手金

  40万円+税

 

※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認めない事件は,着手金40万円です。

 

報酬金

  40万円+税

 

※釈放され不起訴処分となっておりますので,報酬金は40万円です。

 

弁護士費用の合計

  80万円+税

 

 

殺人未遂罪ってどんな犯罪?

 殺人未遂罪の解説ページへ



刑事事件・少年事件の法律事務所
弁護士法人 ルミナス