複数の建造物侵入+窃盗事件で,執行猶予判決となった事案

お店に押し入り,金品を窃取したという建造物侵入+窃盗事件。複数の事件があり,被害金額も数百万円と非常に高額であったことなどから,実刑判決も十分に考えられる状況でした。

被害回復の点では,弁護士を通じて,誠意を尽くして被害店舗に謝罪をし,できる限りの被害弁償を行った結果,すべての事件について,示談が成立しました。
裁判では,示談が成立していること,ご本人様の反省の気持ち,ご家族の更生支援等の事情について主張・立証を尽くした結果,これらの事情が積極的に評価され,執行猶予判決となりました。

 

 

弁護士費用

項目

捜査段階の着手金

  30万円+税

 

※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認める事件は,着手金30万円です。

 

報酬金

   0万円+税

 

※公判請求となっておりますので,報酬金は発生しません。

 

 

公判段階の着手金

  20万円+税

 

※逮捕・勾留されている場合の事実関係を認める事件は,着手金30万円ですが,引き続きのご依頼の場合は10万円減額させていただいております。

 

公判段階の報酬金

  40万円+税

 

※保釈の獲得・執行猶予判決となっておりますので,報酬金は40万円となります。

 

 

弁護士費用の合計

  90万円+税

 

 

窃盗罪ってどんな犯罪?

 窃盗罪の解説ページへ



刑事事件・少年事件の法律事務所
弁護士法人 ルミナス