逮捕・勾留されている青少年健全育成違反事件について,不起訴処分となった事案

18歳未満の児童と性交をしたとして逮捕・勾留されている,青少年健全育成条例違反事件について,ご依頼を受けました。

ご相談者様は,自己の行為を深く反省しており,被害児童及びご家族への謝罪の気持ちを強く持っていました。弁護士を通じて,ご相談者様の真摯な謝罪の気持ちを丁寧にお伝えした結果,起訴前に示談が成立し,本件は不起訴処分となりました。

 

<弁護士からのコメント>

青少年健全育成条例は,「青少年の健全な育成」といった社会的な利益を図ることを目的として定められています。したがって,被害児童との間で示談が成立しても,それだけでは,上述の社会的な利益を侵害したという事実,それ自体が回復されることにはなりません。もっとも,「なぜ,18歳未満の児童との性交の保護対象である被害児童と性交することが禁止されているのか」という本条例の目的・趣旨をきちんと理解したうえで,同条例の保護対象である被害児童及びご家族に対して,自らの行為を真摯に謝罪し,示談が成立した場合には,それらの事情は,特段の事情がない限り,刑事処分を決するうえで重視されるべきであると考えます。

本件においても,判断能力が未熟な被害児童との性交により,被害児童を傷つけてしまった側面がたしかに存在しました。その事実を真摯に受け止め,ご相談者様が自己の行為を深く反省し,誠意を尽くして謝罪と示談を行った結果,そのすべての事情が考慮されて,本件が不起訴処分になったものと考えます。



刑事事件・少年事件専門の法律事務所
弁護士法人ルミナス