刑事事件を起こしてしまった方へ

刑事事件を起こしてしまった方(または、起こしたと疑われてしまっている方)へ

このページをご本人がご覧になっている場合には、

  1. まだ逮捕・勾留をされていない
  2. 逮捕・勾留は免れた

という2つの段階が考えられます。

 

 

まだ逮捕・勾留をされていない方へ

  • 何か犯罪行為をしてしまった心当たりがある
  • 警察官に話を聞かれた
  • 何もしていないのに疑われている・・・etc

 

このような段階にある方は、これから逮捕・勾留されてしまうかもしれません。現段階で考えなければならないのは、1にも2にも「逮捕・勾留されないこと」です。そのためには、2つ方法があります。

 

1つは、すぐに弁護人を選任して、事件化する前に終了させてしまうことです。

これは、ある程度事件が具体化している場合に有効です。例えば、被害者とお話し合いをして、すべき被害弁償をすぐにすることによって、事件化自体を阻止することも可能です。

 

2つめは、すぐには選任せず、逮捕されたらすぐに弁護人が動けるようにすることです。

これは、事件が実際に動くかどうかわからない、何もしていないのに疑われているという場合に有効です。

 

当事務所では、逮捕前契約という制度を設けています。これは、あらかじめ、勾留をされないための準備をしておき、万が一逮捕されてしまった場合にご連絡をいただき、すぐに身体拘束からの解放活動を実施するための制度です。事前に、取調べへの対処方法などもアドバイスさせていただきます。是非、ご活用ください。

 

 

逮捕・勾留は免れた方へ

  • 一度逮捕されたがすぐに釈放された
  • 警察官から何回か取り調べを受けた後に、検察官から呼び出しを受けた

 

このような段階にある方は、これから逮捕・勾留される可能性は少ないと言えます。ですが、刑事処分は、逮捕・勾留だけではありません。

 

検察官が、不起訴とするのか、罰金とするのか、裁判にかけるのかを決めることが、刑事処分です。これに対して、弁護人が弁護活動をして、検察官に刑事処分をさせないように働きかけることができます。どのような弁護活動ができるかについては、個別のケースに応じて丁寧にご説明させていただきます。

お気軽に、ご相談ください。

PAGETOP