執筆者

弁護士法人ルミナス 
弁護士 佐々木 さくら が執筆しました。

自首のメリット

事件を起こしてしまった人は、自首すべきか悩む人もいるかもしれません。

自首すれば、刑が減軽されることがあります(ただし、必ず減軽されるわけではありません。刑法42条1項)ので、それはメリットの一つと言えます。また、逮捕もされにくくなるというのもメリットの一つです。裁判所や捜査機関からすると、自ら出頭した以上、今後も逃げずに呼び出しに応じることを期待できるからです。そのため、自首をすると、逮捕令状の発付や請求がされなくなる可能性が生じます。

さらに、被害者に対しても、誠実な対応であると受け止めてもらいやすくなり、示談に応じてもらいやすくなります。

事件を起こしてしまった人の中には、罪悪感に襲われている人もいると思います。自首は、事件を起こしてしまったことへの一つのけじめのつけ方でもあると言えるかもしれません。

 

 

自首のリスク

他方で、自首をすることによるリスクもあります。

被害者が被害申告をするつもりがなかったのに、自首をきっかけにして捜査がなされ、捜査機関が被害届を出すように被害者を説得することがあります。

また、事件の内容によっては、自首をしたとしても刑の減軽がされないことや、逮捕令状の発付・請求を避けることができないことがあります。

自首には、このようなリスクがつきまといます。

 

 

どのような場合に自首をすべきか

結局、どのような場合に自首をした方がいいのかは、ケースバイケースなので、自首相談の経験豊富な刑事弁護士に相談して決めることが大切です。

経験豊富な刑事弁護士は、どのような場合に自首をすべきか、どのような場合に自首をすべきでないかをアドバイスすることができます。事案の内容によって、自首をするメリットが高い場合も、自首をするとかえってリスクが高い場合もあります。ご相談を受け、ご相談者様にふさわしい解決方法を提案することができます。

そのようなご相談は、是非当事務所までお寄せください。

 

(参考条文)

刑法 第四十二条 罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。

 告訴がなければ公訴を提起することができない罪について、告訴をすることができる者に対して自己の犯罪事実を告げ、その措置にゆだねたときも、前項と同様とする。