過失運転致傷罪・道路交通法違反(ひき逃げ)で不処分を獲得。

事案の概要

ひき逃げをしたとされる事件で,家庭裁判所に送致をされてからすぐにご依頼をいただきました。少年は,人と接触した認識はなかったと話していたので,現場検証をしたり証拠を精査するなどして少年の言い分を主張立証した結果,不処分を獲得しました。

 

過失運転致死罪・道路交通法違反(ひき逃げ)ってどんな犯罪?

 過失運転致死罪の解説ページへ

 道路交通法違反(ひき逃げ)の解説ページへ

PAGETOP