• ホーム
  • 主な解決事件
  • 【捜査段階:解決実績1】窃盗・詐欺罪で勾留されるも,準抗告が認容され釈放。その後不起訴に。

【捜査段階:解決実績1】窃盗・詐欺罪で勾留されるも,準抗告が認容され釈放。その後不起訴に。

事案の概要

酔っぱらって寝ていた方から財布をとった先輩と一緒になって,その財布にあったクレジットカードを利用して飲食代金を詐取したとされる事件で,勾留されてから4日後にご家族からご依頼をいただきました。国選弁護人からは特に何も連絡がなく,ご家族は弁護人がついているかどうかさえも分からないという状態でした。

午後8時から相談を受け,「初回接見契約」(3万円+税。正式にご依頼いただいた場合には着手金に充当。)で午後9時からご本人と接見。ご本人は勾留されてから4日が経過していましたが,国選弁護人がついていることが判明。ご相談者にその旨をお話しして,国選の先生にそのままお願いするか,私にご依頼いただくかを考えていただくことにしました。
翌朝,ご依頼のお電話をいただき,午前10時に正式契約。午前11時に再度ご本人と接見。そのまま検察庁に弁護人選任届を出し,検事と面会。検事はご本人を釈放するつもりはないとのことだったので,午後3時に裁判所に勾留決定に対する準抗告を申し立て,午後5時に認容され,ご本人釈放となりました。その後,示談が成立し,不起訴となりました。

 

 

ご依頼者の声

『今回,何もわからない状態で相談に伺いましたが,迅速に対処していただき,大変助かりました。事件後,国選弁護をしてくださった先生からお手紙が届いたのは,10日を経過しておりました。本人はすでに釈放されて4日後です。もしも中原先生にお願いせずにそのまま国選弁護人にお願いしていたならば,すぐに釈放されることもなく起訴になっていたと思います。本当にありがとうございました。』

 

 

窃盗罪と詐欺罪ってどんな犯罪?

窃盗罪の解説ページへ

詐欺罪の解説ページへ

PAGETOP