• ホーム
  • 主な解決事件
  • 過失運転致傷罪+道交法違反(酒気帯び)で勾留されるも,準抗告が認容され釈放。

過失運転致傷罪+道交法違反(酒気帯び)で勾留されるも,準抗告が認容され釈放。

事案の概要

酒気を帯びたまま運転し,前の車に追突して前の車の運転手を怪我させてしまったとされる過失運転致傷罪と道路交通法違反(酒気帯び運転)の事件で,逮捕され,勾留されてからすぐにご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

ご家族は本人に仕事があるため,釈放してもらったうえで捜査に協力したいと仰っていました。

幸い,被害者の方のお怪我も軽く,ご本人の身元もしっかりしていたため,釈放は可能であるように思われました。

すぐにご本人と接見し,事情聴取をして準抗告(勾留に対する不服申し立て)申立書を作成。

裁判所に提出したところ,準抗告が認容されご本人は釈放されました。

 

 

弁護活動の結果

上記弁護活動の結果,勾留された翌日にご本人は釈放され,社会復帰をすることができました。

ご本人は,仕事を失わず,今後贖罪のために真面目に社会生活を送ると仰っていました。

 

 

過失運転致傷罪と道路交通法違反(酒気帯び)ってどんな犯罪?

 過失運転致傷罪の解説ページへ

 道路交通法違反(飲酒運転)の解説ページへ