窃盗罪の否認事件で、不起訴処分となった事案。

事案の概要

お金を盗んだとされる窃盗罪で,勾留されてからすぐにご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

ご本人のお話では,そのお金は盗んだものではなくご自身のものだということでした。

そこで,まず現場を調査し,その場でお金を盗むという行為がいかに不自然なものであるかという点を明らかにしました。

また,取り調べに対する供述態度をどのようなものにするかを検討し,最適な供述態度を選択し実行していただきました。

 

 

弁護活動の結果

上記弁護活動の結果,嫌疑不十分で不起訴となりました。

ご本人は,裁判を受けることなく,罪に問われることもなく,社会復帰を果たされました。

 

 

窃盗罪ってどんな犯罪?

 窃盗罪の解説ページへ