2021年2月に、有志の刑事弁護士の団体である刑事弁護フォーラムで捜査弁護をテーマに講師を務めました。

身体拘束からの早期釈放、接見時の事情聴取方法、弁護方針の選択の指針等について、弁護士を対象に講演しました。

捜査段階では、捜査機関の把握している証拠を確認ことができないため、情報量が少ない中での弁護活動をすることになります。

どのような弁護方針を採るべきかの判断方法などについて力点をおいて、講義しました。

 

 

弁護士法人ルミナス東京事務所

弁護士 佐々木さくら



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)