2022年11月29日、30日に横浜地方裁判所において行われた模擬評議に弁護人役として参加しました。

これは、横浜地方裁判所、横浜地方検察庁、神奈川県弁護士会が共同して企画をしたもので、一般の方から裁判員役を募り、検察官と弁護士がそれぞれ模擬の記録をもとに法廷で主張立証を行い、それをもとに裁判官と裁判員が行う評議を公開し、自分たちの法廷活動が評議にどのように反映されるのかというものを確認するものです。

私は、埼玉弁護士会に所属していた時に同じような模擬評議を二回経験していますが、神奈川県弁護士会に移籍して一年目で模擬評議に参加をさせていただきました。

 

今回の題材は傷害致死罪の正当防衛を争う事件でした。これまでの模擬評議は量刑がメインでしたので、事実認定に関する評議を見れたのはとても貴重な経験となりました。

また、私自身の法廷活動にもご意見をいただき、それを一つの指針として今後の弁護活動に活かそうと思いました。

なお、結論としては無事に正当防衛が成立し無罪とするという評決になりました。

 

 

弁護士法人ルミナス法律事務所横浜事務所

弁護士 中原潤一



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス法律事務所(東京新宿・埼玉大宮・横浜関内)