クレプトマニア(万引き)|不起訴処分となった事案

複数の窃盗事件(万引き)について、ご依頼を受けました。

ご本人様は、クレプトマニアと障害を抱えており、それが事件の原因となっていると考えられました。ご本人様は専門の医療機関に通い、治療に努めました。弁護人も、ご家族の皆様と共に、ご本人様の治療をサポートいたしました。治療の状況や診断結果、再犯防止に向けた治療計画等を検察官に伝えた結果、略式請求(罰金)も十分考えられる状況で、いずれの事件についても不起訴処分(起訴猶予)となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP