傷害罪(冤罪弁護)|犯人と疑われたが、不送致となった事案

暴力をふるって怪我をさせたという傷害事件の犯人と疑われてしまった方より、ご相談をいただきました。相手方は「ご相談者様から暴力をふるわれた」と被害申告していましたが、ご相談者様は「暴力は一切ふるっていない」と主張していました。ご相談者様の供述、目撃者の目撃状況・目撃内容、現場の状況などの事実関係を精査し、事件当時の状況を整理したうえで、取調べに同行するなどの弁護活動を行った結果、警察は、相手方の供述には疑わしいところがあると判断し、本件を不送致処分(検察庁に送致しないという判断)としました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件専門の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP