傷害罪|示談が成立し、不起訴処分となった事案

泥酔した状態で暴行をし、被害者に怪我を負わせてしまったという事案。

傷害罪で逮捕され、釈放された後に、ご本人様よりご依頼をいただきました。

泥酔した状況で起こしてしまった事件であったため、暴行前後の言動・態様もかなり悪質であり、被害者の方のお怒りは非常に強い状況でした。ですが、ご本人様は、してしまった行為を深く反省されておりましたので、その真摯な反省のお気持ちを丁寧にお伝えした結果、最終的には謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立いたしました。その結果、ご本人様は不起訴処分(起訴猶予)となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件専門の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP