傷害罪|起訴猶予になった事案

事案の概要

酔っぱらってしまい、通りがかった第三者に暴行を加えてしまった結果、怪我を負わせてしまった事案です。

ご依頼者は、傷害罪として警察で事情を聴かれましたが、逮捕・勾留まではされませんでした。

検察官に送致された後、被害者の方への謝罪と示談をしたいというご意向でご依頼を頂きました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けて、すぐに検察官に電話をして、被害者の方に謝罪と被害弁償のお話をさせていただきたいとお伝えしました。検察官は、被害者の方に取り次いでくれましたが、「非常に被害感情が強いですよ」とのことでした。お電話を差し上げると、確かにとてもお怒りでした。そこで、被害者の方にご連絡を差し上げることになった経緯とご依頼者の謝罪の気持ちを丁寧にお伝えし、ご依頼者の方が書いた謝罪文を読んでいただくなどをしました。すると、被害者の方のお怒りも収まり、無事に示談が成立しました。

 

 

弁護活動の結果

示談が成立した結果、本件は不起訴処分となりました。

検察官も、示談が成立したことに驚いていました。

被害者の方と誠意をもって示談交渉し、ご依頼者の反省の気持ちを理解していただいたことが功を奏しました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP