目次

1.刑事事件化しなかった事案
2.早期釈放を実現、不起訴処分となった事案
3.不起訴処分となった事案
4.執行猶予判決を獲得した事案

 

 

刑事事件化しなかった事案

公然わいせつ罪|刑事事件化しなかった事案

事案の概要

公然わいせつ罪で警察に呼び出されてしまったという方からご依頼をいただきました。

ご本人にはそんなつもりはなく、ご本人もご家族も大変動揺されていました。

警察にまた来るように言われているということでしたので、同行することになりました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けて、すぐに警察官に弁護人が付いたことを知らせました。

また、ご依頼者の行為は公然わいせつ罪には当たらないことを説明しました。

ご本人が警察での取り調べを受ける日に同行し、警察にも直接説明をしました。

 

 

弁護活動の結果

警察は、ご依頼者を取り調べた後、そのまま事件化しないことを決めました。

これによって、ご依頼者が逮捕されることも刑事事件で罪を問われることもなくなりました。

ご依頼者もご家族の方も、本当に安心されていました。

 

 

早期釈放を実現、不起訴処分となった事案

公然わいせつ罪|勾留請求阻止し、不起訴を獲得した事案

事案の概要

公然わいせつ罪で逮捕されてしまったという方のご家族からご依頼をいただきました。

ご本人は出来心でしてしまったとのことでした。

お仕事がある方でしたので、まず身体拘束からの解放を最優先に行うことにしました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けて、すぐに警察署に駆け付け、面会をし、弁護人として選任されました。

そして、種々の証拠を集め、検察官に勾留請求すべきではないことを明らかにしました。

その結果、検察官は勾留請求せずにご本人を釈放しました。

その後、ご本人が今回のことをしてしまった原因を明らかにし、その原因が解消したことも明らかにしました。

 

 

弁護活動の結果

結局、検察官はご依頼者を不起訴としました。

ご依頼者は、検察官に送致された日に釈放され、その翌日から仕事に復帰しながら、更生への道を歩まれました。

まずは釈放を実現でき、最終的に不起訴となって本当に良かったです。

 

 

不起訴処分となった事案

公然わいせつ|不起訴処分を獲得した事案

事案の概要

仕事でのストレスが原因で、衝動的に駅で露出行為をしてしまったという事案でした。

ご本人は大変反省されており、事件から1週間以内にご相談を受け、目撃した方へ謝罪したいとお話されていました。

 

 

弁護活動の内容

目撃者(実質的被害者)の方への謝罪の申し入れ

弁護人として就任してすぐに目撃者の方に謝罪と被害弁償をさせていただきたい旨、担当警察官に申し入れました。

しかし、警察としても、目撃者の方にご連絡がつかない状況でした。

検察官に事件が送致された後も、あらためて申し入れを行いましたが、ご連絡がつくことはありませんでした。

 

贖罪寄付

検察官の判断に際し、ご依頼者からの強い希望もあり、贖罪寄付を行いました。

 

クリニックへの通院

ご依頼者は、自身が本件のような行為を行ってしまったのは、仕事へのストレスを募らせてしまったことに一因があると考え、クリニックへの通院を開始、継続しました。カウンセリングを受診するたびに、報告書も作成いただき、証拠化しました。

捜査機関も目撃者の方とご連絡がつかなかったこともあり、最終的な処分が出るまで6か月以上を要しましたが、ご依頼者はその間も途切れることなく通院を継続していました。

 

検察官との処分交渉

最後まで、実質的被害者である目撃者の方との示談ができない状況でした。そこで、その理由は、捜査機関ですら目撃者の方と連絡がついていないためであり、ご依頼者としては謝罪すべく、事件直後から出来る限りを尽くしてる旨丁寧に伝えました。

また、贖罪寄付やクリニックへの通院継続はご本人の反省の気持ちの表れに他ならず、再犯可能性がないこと、ご家族の監督も期待できることも合わせ伝えました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、ご本人は不起訴処分となりました。

ご本人の真摯な反省のお気持ち、長期間の堅実な通院の継続や贖罪寄付といった行動、ご家族の監督状況が評価された結果となり、本当によかったです。

 

 

執行猶予判決を獲得した事案

公然わいせつ罪|執行猶予期間中の再犯で、執行猶予判決を獲得した事案

事案の概要

以前、同種事案で執行猶予判決を受けたことがあり、その執行猶予期間中に2度、再犯をしてしまった方の事件でした。

本件の判決言渡しは執行猶予期間経過後ではありましたが、前回の執行猶予期間中の2件の同種再犯だったため、実刑判決の可能性が非常に高い事案でした。

国選弁護人からの切り替えで、公判段階から受任しました。

 

 

弁護活動の内容

被害者の方々との示談

被害者の方々に対し、ご本人の心からの謝罪の気持ちを伝えると同時に、被害弁償を申し入れ、示談が成立しました。

 

社会福祉士との連携、更生支援計画の策定

社会福祉士の先生と連携し、再犯防止のための更生支援計画を策定しました。ご本人と何度も面談を重ね、再犯防止のために何ができるか検討のうえ、以下のような方策を含めた計画としました。

 

性依存症クリニックへの通院・自助グループへの参加

ご本人は、公然わいせつ行為を繰り返してしまっていたため、性依存症治療を専門に行う医療機関及び自助グループに繋げ、定期的・継続的な通院を目指しました。

 

性依存以外の医療機関への通院

ご本人は、執行猶予となった件以前にも、同種事案で罰金前科を重ねていたにも関わらず、同種行為を繰り返してしまっており、性依存以外にも何らかの精神医学的要因があると考え、医療機関に繋げ、検査を受けてもらいました。その結果、複数の診断がつき、治療を行うこととなりました。

 

 

弁護活動の結果

裁判では、社会福祉士の先生に出廷していただくなどして上記事情を立証した結果、示談が成立していることに加え、各種医療機関への通院や自助グループへの参加、ご本人自身の反省の気持ち、社会福祉士との連携も含めた更生環境の変化を評価され、保護観察付執行猶予判決となりました。

本件は、判決言渡しは執行猶予期間経過後でしたが、事件当時は前刑の執行猶予期間中で、実刑判決となってしまう可能性が非常に高い中でしたが、専門家の協力を得ながら、それまでとは異なる更生環境が整ったことを丁寧に裁判官に伝えることで、執行猶予付きの判決を得ることができ本当によかったです。

女性弁護士による性犯罪の法律相談女性弁護士による性犯罪の法律相談



刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス(東京新宿・埼玉大宮)