公然わいせつ罪|勾留請求を阻止し、不起訴を獲得した事案

事案の概要

公然わいせつ罪で逮捕されてしまったという方のご家族からご依頼をいただきました。

ご本人は出来心でしてしまったとのことでした。

お仕事がある方でしたので、まず身体拘束からの解放を最優先に行うことにしました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けて、すぐに警察署に駆け付け、面会をし、弁護人として選任されました。

そして、種々の証拠を集め、検察官に勾留請求すべきではないことを明らかにしました。

その結果、検察官は勾留請求せずにご本人を釈放しました。

その後、ご本人が今回のことをしてしまった原因を明らかにし、その原因が解消したことも明らかにしました。

 

 

弁護活動の結果

結局、検察官はご依頼者を不起訴としました。

ご依頼者は、検察官に送致された日に釈放され、その翌日から仕事に復帰しながら、更生への道を歩まれました。

まずは釈放を実現でき、最終的に不起訴となって本当に良かったです。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP