迷惑行為防止条例違反(痴漢)|同種前歴があったものの、示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

同種前歴のある方の痴漢事件(いわゆる迷惑行為防止条例違反)で、逮捕・勾留はされなかった方から、被害者の女性(未成年)とご家族に謝罪し、示談をしたいというご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

被害者の女性のショックはとても大きく、ご家族お怒りは非常に強い状況でしたが、弁護士が、ご本人様の謝罪の気持ちを丁寧にお伝えした結果、謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立しました。

また、ご本人様は、同種事件を繰返してしまったことを深く反省し、性的な悩み・問題ときちんと向き合いたいという気持ちを強く持たれており、専門医のカウンセリングを受けるなどして、性依存症の治療にも取り組まれていました。弁護人も、ご本人様の取組みを支援し、その治療状況について検察官に書面で報告をしました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、被害者の方と示談が成立した事実とご本人が真摯に反省していることが認められ、不起訴処分となりました。

このケースでは、ご本人に同種前歴があったことから、示談ができなければ罰金刑や裁判になることもあり得ました。

それでも不起訴を勝ち取れたのは、ご本人が真摯に反省し、すぐに弁護人を選任して謝罪及び示談交渉ができたからだと思います。

痴漢の事件で逮捕・勾留されなかったとしても、すぐに弁護人を選任して謝罪の気持ちをお伝えし、示談交渉をすることが重要です。

 

 

迷惑行為防止条例違反(痴漢)ってどんな犯罪?



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP