迷惑防止条例違反(痴漢)|弁護人を変えて示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

同種前科のある方の痴漢事件で、被害者の女性に謝罪をし、示談をしたいというご依頼をいただきました。

前任の弁護人から被害者の女性に連絡したところ、示談は断られたという経緯がありました。

セカンドオピニオンとして、弁護士を変えたいということでご相談に見て、そのままご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼をいただいて、すぐに検察官に連絡先をお聞きし、被害女性に謝罪と被害弁償の申入れをいたしました。

被害者の女性は、当初は示談に消極的なお気持ちでした。しかし、女性弁護士が、被害者の女性のお気持ちを丁寧にお伺いしたうえで、ご心情に配慮しながら、誠意をもって弁護活動を行った結果、最終的には謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立しました。

また、示談交渉にとどまらず、再犯防止に向けた具体的な取り組みを行いました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、その活動が検察官に評価され、反省が認められて、不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP