名誉毀損罪|示談が成立し、不起訴処分となった事案

インターネット上での書き込みに関する名誉毀損事件について、ご依頼をいただきました。当然のことながら、被害者のご不安は非常に大きい状況でした。弁護士より、ご本人様の謝罪の気持ちを丁寧にお伝えしたうえで、今後のご不安を解消するための具体的な方法をご提案した結果、最終的には謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立しました。違法な書き込みは多数ありましたが、いずれについても不起訴処分となりました。

 

刑事事件にいたる過程には、様々な事情があります。もちろん、どのような理由があっても、法律をやぶることは、決して許されません。しかし、少なくとも弁護人は、まずはご相談者様の事情に真摯に耳を傾け、その痛みに寄り添い、一緒に悩み、本当の意味での更生の道を探す姿勢を忘れてはなりません。ご相談者様が、警察官から「あなたの今後のことを考えて色々と動いてくれて、良い先生だね。」と言葉をかけてもらったと聞いたときは、うれしく思いました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件専門の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP