少年事件・性犯罪|発達障害等を抱えた少年の性犯罪で、保護観察処分を獲得した事案

事案の概要

発達障害等を抱えたお子さん(中学生)が、同じ学校の女子生徒の胸などを触ったとされる事案(罪名としては暴行罪)でした。

少年鑑別所に入った後に、ご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

罪名こそ暴行罪でしたが、暴行罪という軽微な罪名で少年鑑別所に入所しているということは、裁判所が少年の性的な行動を問題視していることは明らかでした。案の定、家庭裁判所の調査官は、少年には根深い問題があり、家庭に戻すのではなく児童自立支援施設に入所させるべきを主張していました。しかし、これまではそのような問題行動を起こしたことがなく、問題行動以外には悪いところがない素直なお子さんを、この点だけでご家族と離れ離れにするのは酷ではないかと思いました。また、ご両親としても何とか自分たちで育てていきたいという思いが強くありました。そこで、お子さんが反省している様子や、ご両親による監督が誓えること、環境を変え、今後は少年に性的な問題があることを前提に、その性的な問題に対してどのような対処行動をとるのかという点を具体的に調整を図りました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、最終的には調査官も保護観察処分でよいと意見を変えてくれました。そして、少年審判では保護観察処分となりました。

調査官の意見が出たとしても、諦めずに粘り強く環境調整をしたことが、保護観察処分の獲得につながりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP