少年事件・過失運転致傷罪+道路交通法違反(ひき逃げ)(否認事件・冤罪弁護)|不処分を獲得した事案

事案の概要

少年が、車でひき逃げをしたとされる事案でした。

家庭裁判所に送致されてから、ご依頼をいただきました。

すでに一定の捜査は終えている段階でした。

 

 

弁護活動の内容

少年からお話を聞くと、人と接触した認識はなかったと話していたので、過失とひき逃げの2点について争うことになりました。

現場検証を行ったり、関係者から話を聞いたり、証拠を精査するなどして少年の言い分を主張立証しました。

そして、それを前提に少年審判に臨みました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、残念ながら犯罪の成立は認められてしまいましたが、保護処分の必要性はないとして不処分を獲得しました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件専門の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP