強制わいせつ罪|勾留請求されず、示談が成立し不起訴処分となった事案

強制わいせつ事件について、逮捕当日にご家族からご相談をいただきました。

それからすぐに、弁護士がご本人様がいる警察署に行き、接見しました。

その後、検察官に対し、勾留請求しないよう求める意見書を提出するなどして交渉をしたところ、勾留請求されずに、釈放となりました。

釈放されてからは、被害者様がまだお若い女性だったため、ご負担にならないよう、女性弁護士が、ご心情に配慮しつつ、丁寧に対応いたしました。ご本人様の被害者様への心からの謝罪のお気持ちを、女性弁護士が誠意をもってお伝えした結果、最終的には示談を受け入れていただくことができました。ご本人様の真摯な反省が認められ、本件は不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP