強制わいせつ罪(痴漢冤罪)で,無罪判決を獲得した事案

事案の概要

電車内で痴漢をしたという疑いをかけられた典型的な痴漢冤罪の事件でした。

一度処分保留で釈放されたものの,起訴されてしまったとのことで,刑事裁判の段階からご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

一貫したケースセオリーに従い,被害者とされている方が犯人を取り違えてしまった可能性を反対尋問で浮き彫りにし,ご依頼者の主尋問では,ビジュアルエイド(視覚資料)を利用するなどして,ご依頼者が犯人ではありえないことを明らかにしました。もちろん,事件があったとされる時間帯に同じ系統の電車に乗ったり,写真撮影をするなどして,現場検証も徹底して行いました。

そして,それらの活動を前提に最終弁論において,ご本人様が犯人ではなく,第三者の犯行可能性があることを論証しました。

 

 

弁護活動の結果

第一審の東京地方裁判所で,弁護側の主張が全面的に受け入れられた形での無罪判決となりました。

なお,この事件は検察官が控訴を申し立てましたが,東京高裁において検察官の控訴は棄却され,ご依頼者の無罪が確定しております。

冤罪事件で無罪判決を勝ち取るためには,どの法律事務所にどの弁護士に相談をするかという点で,得られる結論は全く違うものになってしまいます。刑事事件の冤罪事件で無罪判決を獲得するためには,レベルの高い法廷技術や無罪判決の獲得経験が不可欠と言えるでしょう。ご依頼者が無罪判決の獲得経験が豊富な事務所に相談いただき,そして最良の結果を勝ち取れたことを本当に良かったと思います。

あらぬ疑いをかけられたご本人様とご家族の皆様のご不安は,言葉にできないほど大変なものであったと思います。刑事弁護人として,ご本人様とご家族の皆様を護るため,今後も全力で弁護活動に邁進いたします。 

 

 

強制わいせつ罪ってどんな犯罪?

 強制わいせつ罪の解説ページへ



刑事事件・少年事件専門の法律事務所
弁護士法人 ルミナス