強制わいせつ罪|準抗告が認容され、釈放された事案

事案の概要

路上で面識のない女性の体を触ってしまったという強制わいせつ罪に該当する事件でした。

強制わいせつ罪で逮捕され、その日に勾留されされるかもしれないというタイミングでご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

すぐにご依頼者のもとに接見に駆け付けると、すでに勾留決定が出てしまったということでした。

勾留決定が出てしまうと、原則として10日間出てくることができません。

ご本人は自身の行為をとても反省されており、一方でこのまま勾留されてしまうと仕事を失い、家族を養えない可能性がありました。

そこで、勾留決定が出たその日のうちに、裁判所に勾留決定に対する準抗告を申し立て、罪証隠滅・逃亡の現実的・具体的な可能性は認められないこと等を主張・立証しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、準抗告が認容され、ご本人様は釈放されました。

その後、被害者の方と示談が成立し、ご依頼者は不起訴になりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP