強制わいせつ罪|示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

女性に対してわいせつな行為をしたとされる強制わいせつの事件でした。

強制わいせつ罪では逮捕や勾留はされず、在宅の事件でした。

 

 

弁護活動の内容

ご本人様とご家族の皆様から、被害者の女性への謝罪と示談をさせていただきたいとご依頼をいただきました。

ご本人が逮捕や勾留がされない場合、国選弁護人はつきません(国選弁護人は、勾留された場合にのみつきます)。

そのような場合には、ご本人が被害女性と直接やり取りをするわけにはいきませんので、弁護人がご本人に代わって被害女性への謝罪と示談のお話をすることになります。

被害女性のお怒りは非常に強い状況でしたが、弁護士が被害者の女性のお気持ちに配慮しながら、誠意をもって丁寧な弁護活動を行いました。

 

 

弁護活動の結果

結果、謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立しました。

また、ご本人様とご家族の皆様から、二度と性犯罪を繰り返したくないというご相談を受け、性依存症の治療に関する更生支援も行いました。

そのような示談成立の事実とご本人の真摯な反省の態度を踏まえて検察官に不起訴にすべきだとの意見書を提出したところ、本件は強制わいせつ罪で不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP