強制わいせつ罪|示談が成立し不起訴処分となった事案

事案の概要

同種前科のある方の強制わいせつ罪の事案でした。

逮捕されたようでしたが、勾留はされずに釈放された後、ご本人様からご依頼をいただきました。

ご本人は心から反省をされており、被害女性に謝罪と被害弁償をさせていただきたいというご希望をお持ちでした。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けてすぐに検察官に、被害女性への謝罪と被害弁償の申入れをしました。

被害者が若い女性であったため、弁護士からご連絡を差し上げることがご負担とならないよう、ご心情に配慮しつつ、女性弁護士が丁寧に対応いたしました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、ご本人様の謝罪の気持ちを受け入れていただくことができ、示談が成立しました。

被害者の女性から、「刑事さんも心配してくれたけど、対応は形式的でした。弁護士さんが、ちゃんと私のことを真剣に考えて話してくれてるのがわかって、うれしかったです。」と言葉をかけていただきました。

そして、ご依頼者は不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP