強制性交等罪|早期に示談が成立し、刑事事件にはならなかった事案

事案の概要

強制性交等事件で、被害女性が警察に相談をしているという段階でご相談を受けました。

逮捕・勾留を防ぐためには可能な限り早期に動くことが重要でしたので、この段階でご依頼を受けました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けた後、すぐに被害女性に代理人が就任し、代理人からの接触がありました。

被害女性に代理人がついた関係で、早期に示談交渉を開始することができました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、刑事告訴をしないという条件で示談が成立し、刑事事件化することを防ぐことができました。

強制性交等罪では、被害者の方が事件化を望まないケースもあります。捜査機関に事件の話をすること自体、被害者の方にとってはとても辛いことだということを忘れてはいけません。

誠心誠意謝罪をし、被害弁償や被害女性のご不安を軽減するための具体的な対策を講じた場合には、刑事手続きに移行することなく、解決することができるケースもあります。

そのため、早期に活動を開始することが、とても重要です。

このケースでは、早期に活動を開始出来た結果、逮捕や勾留を防ぐことができ、また被害女性に納得いただく内容で示談を成立させることができました。

 



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP