強姦致傷罪|示談が成立し,不起訴処分となった事案

事案の概要

強姦をして怪我を負わせてしまった,という強姦致傷罪(刑法改正後:強制性交等致傷罪)の事案でした。

 

 

弁護活動の内容

強姦致傷罪で勾留されてから,すぐに弁護の依頼を受けました。

強姦致傷罪は,起訴されると裁判員裁判となります。もっとも、捜査段階(起訴される前)に示談が成立した場合には,不起訴処分となる可能性もあります。

ご本人は,自分のしたことを反省し,被害者の方に謝罪したいという気持ちを強く有していましたので,弁護士より,被害者の方に連絡し,誠心誠意謝罪の気持ちをお伝えしたうえで,示談交渉を行いました。

 

 

弁護活動の結果

ご本人の謝罪と反省の気持ちを丁寧にお伝えしたところ,起訴前の段階で,被害者の方に示談を受け入れていただくことができ,その結果,ご本人は釈放されて,不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP