強盗致傷罪(否認事件・冤罪弁護)|不起訴処分を獲得した事案

事案の概要

ご依頼者が共犯者と一緒に強盗をしたとされる強盗致傷罪の事案でした。逮捕・勾留されてからご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

すぐにご依頼者と接見し、自分は関与していないと話されていたので、事情聴取をしてすぐに勾留に対する準抗告を申し立てましたが、裁判員裁判対象事件であり、共犯者もいるということで棄却されてしまいました。また、検察官から勾留延長請求がなされたので、勾留延長に対する準抗告も申し立てましたが、棄却されました。

その間、現地調査などをして、ご依頼者が強盗に関与しているとすれば不自然であるような状況を明らかにし、検察官に、ご依頼者を不起訴とするべきだとする意見書を提出しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、勾留満期に不起訴処分となり釈放されました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件専門の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP