強盗致傷罪|示談が成立し、不起訴処分を獲得した事案

事案の内容

路上で喧嘩となり、暴行を加えて傷害を負わせたうえ、被害者から現金を奪ったとされる強盗致傷罪の事案でした。

強盗致傷罪で逮捕・勾留されてからすぐにご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼をいただいてすぐにご本人と接見しました。実質的には路上の喧嘩の事案であったため、強盗致傷罪という重い罪名でしたが釈放も可能ではないかと考え、勾留に対する準抗告もしましたが、準抗告は棄却されてしまいました。

その間に、検察官に被害者の方に謝罪と被害弁償のお話をさせてほしいと申し入れ、被害者の方に会っていただくことができました。そして、被害者の方にご依頼者の謝罪の気持ちを誠心誠意お伝えしたところ、謝罪と被害弁償を受け入れていただき、示談が成立しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、強盗致傷罪という起訴されたら裁判員裁判となってしまう重い罪名でしたが、示談が成立したことにより勾留満期よりも前にご依頼者は釈放され、その後不起訴処分となりました。

 



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP