暴行罪|勾留請求が却下され、不起訴処分となった事案

事案の概要

知人に暴行してしまったということで,暴行罪で逮捕された事案でした。

逮捕されてからすぐにご依頼をいただきました。

とにかく勾留されないように,早期の釈放を目指しつつ,被害者の方に誠心誠意謝罪し被害弁償をさせていただくことを目指すことになりました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼をいただいて,すぐに接見をしました。ご依頼者は被害者との一定の人的関係があったものの、被害者の方へ謝罪したいとおっしゃっていました。また,家庭も仕事もある方でしたので、意見書を作成し,検察官に勾留請求しないように交渉しました。しかし,検察官は勾留請求をしてしまいました。そこで、意見書を作成し,裁判官に対して検察官の勾留請求を却下するよう申し入れをしました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、勾留請求は却下され,ご依頼者は釈放され仕事に復帰することができました。その後被害者の方と示談が成立し、不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP