暴行罪|示談が成立し、検察官に送致されずに終了した事案

事案の概要

被害者に対し、暴力をふるってしまったという暴行事件で、示談交渉のご依頼をいただきました。

ご依頼者は逮捕も勾留もされていませんでしたが,警察が関与している段階にありました。

そこで,検察官には送致させずに,警察限りで終了させることを目標に弁護活動を開始しました。

 

 

弁護活動の内容

被害者のご不安を軽減できるよう、弁護士が誠意をもって被害者にお話をしました。

当初は被害者はとてもお怒りでしたが,最終的には円満に示談が成立しました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、警察は「事件を検察庁に送致しない」という判断をし、本件は送検されることなく、不送致処分として警察限りで終了しました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP