東京都迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)|示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

東京都迷惑行為防止条例が禁止する「卑わいな言動」に該当する行為をしたとして、警察から取調べを受けているという方でした。

逮捕・勾留はされずに、在宅で捜査を進めていくということでした。

ご本人様とご家族の方より、被害者女性への謝罪と示談交渉のご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動の内容

被害女性への謝罪と示談交渉のご依頼をいただいてすぐに、警察に連絡を取り、申し入れをしました。

連絡先を教えていただき、被害女性に連絡を取ると、被害者の女性のご不安、恐怖心はとても大きい状態でした。

その一つ一つのご不安を解消できるよう、女性弁護士が丁寧な弁護活動を行いました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、最終的にはご本人様の謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立し、不起訴処分となりました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP