準強制わいせつ罪|示談が成立し、不起訴処分となった事案

事案の概要

女性が心理的に抵抗することが著しく困難な状態を利用して、わいせつな行為をしたという準強制わいせつの事案について、被害者の女性に謝罪し、示談をしたいというご依頼をいただきました。

 

 

弁護活動

ご依頼をいただく前に、被害者の女性から、一度示談を断られたという経緯がありました。そのため、あらためて示談の申入れをすることで被害者の女性に再度苦しい思いをさせてしまうことがないよう、ご心情に慎重に配慮してお話をいたしました。

 

 

弁護活動の結果

最終的には謝罪を受け入れていただくことができ、示談が成立して、不起訴処分となりました。

 

※刑法改正により、強制わいせつ罪は、親告罪ではなくなりました。そのため、現行法の下では、被害者の告訴がなくても、裁判になることがあります。もっとも、現行法下においても、示談が成立し、被害者に謝罪を受け入れていただくことができた場合には、不起訴処分となる可能性が高くなります。

特に、性犯罪の場合には、被害者の方は、かならずしも刑事処罰だけを求めているわけではありません。被害者の方のご不安、苦しみは、事件後もずっと続いています。そのようなご不安や苦しみを少しでも軽減できるように、被害者の方の声に真摯に耳を傾け、あらゆる痛みを受け止め、誠意を尽くしてお話をすることが何よりも大切なことだと考えています。

 

 

準強制わいせつ罪ってどんな犯罪?

 準強制わいせつ罪の解説ページへ



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP