準強制性交等罪|2件で示談が成立し、2件とも不起訴を獲得した事案

事案の概要

 女性に睡眠薬を入れたジュースを飲ませ、昏睡状態になった状態で性行為をしてしまったという方から逮捕前にご相談をいただきました。

 ご本人は自分がした行為をとても後悔し、反省をしており、被害者の方に謝罪と被害弁償をしたいとのことでした。

 

 

弁護活動の内容

 そこで、示談の成立を目指して交渉しようとしましたが、警察は逮捕をしたがり被害女性の連絡先を教えてくれませんでした。

 準強制性交等罪で逮捕され、送検後、検察官を通じて被害女性の連絡先を教えていただくことができました。

 被害女性の被害感情は非常に強く、非常にお怒りでしたが、交渉の末、示談に応じていただくことができました。

 ご依頼者は、同じようなことを2件しておりましたが、2件とも示談が成立しました。

 

 

弁護活動の結果

 その結果、ご依頼者は、2件とも不起訴となりました。

 準強制性交等罪は非常に重く,起訴されてしまえば,示談ができなければ初犯でも刑務所に行ってしまう可能性が非常に高いです。

 今回は、ご依頼者の真摯な後悔と反省の気持ちをお伝えすることができ、示談が成立して裁判にならずに済みました。

 準強制性交等罪では、迅速な対応が鍵を握ります。準強制性交等罪のご相談は、弁護士法人ルミナスまでお問い合わせください。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP