迷惑防止条例違反(痴漢)|早期に示談が成立し、検察官に送致されなかった事案

電車の中で痴漢をしてしまったとされる事件で、一度警察の事情聴取を受けた段階で、ご依頼を受けました。

ご本人様は事実関係を認め、被害女性への謝罪と被害弁償を希望されておりましたので、弁護士より謝罪のお気持ちをお伝えし、誠意をもってお話をした結果、早期に示談が成立しました。そして、警察官に対し、被害女性との交渉経緯を説明し示談書を提出したところ、それ以上は捜査することはないとの判断が下り、検察官に送致されることなく、事件は解決しました。

 

 

迷惑行為防止条例違反(痴漢)ってどんな犯罪?



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件専門の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP