盗撮(冤罪弁護)|無実を主張し、不起訴処分になった事案

事案の概要

電車内での盗撮を疑われて、逮捕・勾留されてしまった事案。ご本人は、一貫して、盗撮行為はしていないと主張し、無実を訴えていました。ご本人が盗撮を否認していることなどを理由に10日間の勾留が決定した直後に、ご家族より相談があり、受任しました。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼を受けて、すぐにご本人のいる警察署に駆け付けて、接見しました。そこで、当日電車に乗っていたときの状況や、取り調べの状況などをくわしく聴き取り、すぐにご家族に報告をしたうえで、まずは、ご本人の釈放を求める弁護活動に着手しました。速やかに、勾留決定に対する準抗告(異議申し立て)を行った結果、準抗告が認められて、勾留決定の翌日に、ご本人は無事に釈放されました。

 

釈放後は、①無実を明らかにするための証拠収集・証拠保全、②ご本人との打ち合わせ、③警察官・検察官の取調べに対するアドバイス、④検察官との処分交渉等を行い、不起訴処分(嫌疑不十分)を獲得するために、冤罪弁護活動を尽くしました。

 

 

弁護活動の結果

冤罪弁護活動を尽くした結果、不起訴処分(嫌疑不十分)が確定しました。

刑事事件は、初期対応が非常に重要です。

本件では、受任後すぐに釈放されたこと、不起訴処分が確定したことから、ご本人は、無事に、元の生活を取り戻すことができました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP