窃盗罪+詐欺罪+建造物侵入罪(控訴審)|原判決を破棄し、6カ月の減刑がなされた事案

複数件の窃盗・詐欺・建造物侵入事件について、一審で懲役2年の実刑判決を受けた事案で、控訴審の弁護を担当しました。本件では、被害者が多数存在し、一審では、その大部分の弁償がなされていましたが、うち3件の弁償が未了(示談拒否など)の状況でした。受任後、弁償が未了であった3名の被害者の方々に対して再度示談の申し入れをし、粘り強く交渉した結果、2名の被害者の方には、被害弁償を受け入れていただくことができました。残り1名の被害者の方には、再度のお話の機会をいただくことができなかったため、被害弁償金の供託を行いました。その結果、裁判所は、「原判決後の弁償により、全ての弁償がなされたことが認められる。そうすると、・・・本件による財産的被害は全て回復したといえるのであるから、このことは、量刑上充分に考慮されるべきであり、これによれば、原判決の量刑は、現時点においては、刑期の点において重きに失するに至ったというべきである」として,一審の懲役2年が懲役1年6カ月に減刑されました。一審での検察官の求刑は懲役3年でしたので、求刑の50%に減刑されたことになります。

ご相談者様の謝罪の気持ちを伝えるために、必死で駆け回り、あきらめずに最後まで戦い抜いた結果、事実取り調べ請求はすべて採用され、大幅な減刑を得ることができました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所 弁護士法人ルミナス

PAGETOP