窃盗罪|否認事件で不起訴処分を獲得した事案

事案の内容

お金を盗んだとされる窃盗罪で勾留された事案でした。ご本人は,警察官から職務質問をされた際に所持していたお金は,自分のお金であって,盗んだものではないとお話しされていました。窃盗罪の否認事件でした。

 

 

弁護活動の内容

ご依頼者の話では、そのお金は盗んだものではなくご自身のものだということでした。そのため、まず現場を調査し、その場でお金を盗むという行為がいかに不自然なものであるかという点を明らかにしました。また、取調べに対する供述態度をどのようなものにするかを検討し、最適な供述態度を選択し、そのとおり実行していただきました。

 

 

弁護活動の結果

その結果、ご本人の否認を覆すに足りる証拠はないということで,嫌疑不十分で不起訴処分となりました。ご本人は裁判を受けることなく、罪に問われることなく、社会復帰を果たされました。



東京新宿・埼玉大宮にある刑事事件・少年事件の法律事務所
 弁護士法人ルミナス

PAGETOP